ブログパーツ

取手市のピアノ教室「ほしなみピアノスクール」

柏・我孫子・藤代・守谷etc. 取手の出張ピアノレッスン「ほしなみピアノ」♪

Category [フォーム ] 記事一覧

スポンサーサイト

私がよく書く<手の形注意!>の意味

レッスン記録ノート(生徒さんにお渡ししているほう)に、ものすごい頻度で書くのが『手の形に注意!』の文字。この形についてはいろいろ誤解を受けやすい点でもありますが、まぁ、レッスンでお話しているので大丈夫かなと思って「手の形注意」という簡潔な書き方で記録してしまっています。なだらかな丸い形にするとか、指の第1関節が凹まないとか、そういうことかな・・と思う方が多いと思います。そしてそれはその通りだと思い...

屈筋と伸筋を意識してピアノを弾く

昨年末から、レッスンで身体の使い方を具体的にお伝えしようと心がけまずはじめにお話しているのが、腕の筋肉を意識してもらうこと。(とりあえず大人の生徒さんからお話しています)二の腕の、力こぶのできるところ=上腕二頭筋その裏側=上腕三頭筋力こぶを作ろうとすると、腕を内側に曲げますよね。上腕二頭筋は、曲げる筋肉で、屈筋(くっきん)といいます。それとは逆に、腕を伸ばすときは上腕三頭筋を使っていて、こちらは伸...

【よい姿勢で弾くために】休み休み練習!

ピアノを弾いている自分のすがたって、なかなか見る機会がないですよね。必死に楽譜を追っていると、鍵盤を押さえることだけに集中してしまうので、いつのまにか前のめりになってしまったり肩が上がってしまったり。初心者さんに多いのはイスの位置がピアノに近すぎ重心が前のめり足に力が入りすぎ または しっかり両足をついていないでも、自分では気づかないで、そのままの状態で練習を続けてしまう・・ムリな姿勢で弾いている...

【親指くぐり】のこと

ピアノサークルの掲示板を見ていて、以前メンバーさん数人で【親指くぐり】の話をしたなーと思い出しました。親指くぐり=スケールのときに親指くぐらせて弾く、アレです。この親指をくぐらせる方法について、一部ではあまりよくないんじゃないの?っていうお話があったりなかったりするようです(と、あいまいな言い方ですみません~)くぐらせないと、指が足りないですよね。じゃあ、どう弾くの?というと、「ポジション」を移動...

【練習しても弾けないときは】自分を観察!

いくら練習してもうまく弾けないところがある場合、原因はいろいろありますがまず大切なのは、観察すること弾いているとき、意外に見ていない自分の手。どんな形で弾いていますか?『観察』 するときには、悪いところを見つけて直そう!と思わなくても大丈夫。---------------------------------- 黒鍵でオクターヴを押さえたままにします力が入っているところはありますか?鍵盤のどのあたりに指を置いていますか? 次に、からだ...

左サイドMenu

プロフィール

山口いずみ

Author:山口いずみ
茨城県取手市の出張レッスンのピアノ教室です。
弾くのも聴くのも教えるのも大好き!ピアノ弾けたらいいなの気持ちを大切に、お手伝いします♪
3歳のプレ・ピアノレッスン~保育科、大人の方まで。
生徒さん一人一人に合わせた楽しいレッスンしています^-^

090-8002-6980
hoshinamimi@gmail.com
体験レッスンのご案内

◆新ホームページ◆
ほしなみピアノスクール
◆新ブログ◆
ほしなみ☆ろぐ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。