ブログパーツ

取手市のピアノ教室「ほしなみピアノスクール」

柏・我孫子・藤代・守谷etc. 取手の出張ピアノレッスン「ほしなみピアノ」♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリーゼのために

ほしなみ☆だより2月号を生徒さんにお渡ししたところ
「エリーゼのためにって ベートーヴェンなんだ~!」
という声がきかれました。
そうなんですよ~!

この有名すぎる曲のこと 
誰でも それこそピアノに興味のない方でも ご存知なのかと、思い込んでいました。
小さいころからピアノを習っていると、そういうことがなかなかわかりません。
”みんなしってるだろう” という思い込みがいったい自分にどれほどあるのか


『エリーゼのために』

タイトル
ちょっとかっこよく(?)いうと「バガテル WoO.59 エリーゼのために」なんて感じ。
「バガテル」というのは「ちょっとした小品」というような意味合いがあります。
「WoO.59」は、曲の整理番号みたいなものです。
ちゃんと作品番号がついていなかったので、あとからベートーヴェンの研究家さんが番号をつけました。

エリーゼってだれ?
これには2説あるようですが、一般的に知られているのは
ベートーヴェンが愛した女性Therese(テレーゼ・マルファッティ)のこと。

イタリア出身の裕福な商人ヤーコプ・フォン・マルファッティ家の夜会に出入りするうちに
マルファッティ家の娘のテレーゼに恋をし、求婚しますが、拒絶されてしまったようです。

テレーゼがこの曲の原稿を持っていた、
自筆譜には"エリーゼのために 4月27日に ベートーヴェンへの思い出のために"と書かれていた、
という話もありますが、この自筆譜は消失していて、真相のわかるものはないようです。
(テレーゼと書いたが、はっきり読めなくてエリーゼになったといわれます)



さてこの他にもう一曲、同じテレーゼの名がついたものがありますが
こちらは、別の「テレーゼ」  テレーゼ・フォン・ブルンスヴィック伯爵令嬢に贈られた曲です。

『 ベートーヴェン ピアノソナタ第24番「テレーゼ」 Op.78 』

私は高校生のときに弾いたのですけど、今でも大好きな曲のひとつです。
テレーゼというひとを想像するに難くない
ロマンチックな愛らしい曲。
ベートーヴェンは彼女から贈られた肖像画を大切に持っていたそうです。


*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
♪ほしなみピアノスクール♪

子どもさんのレッスン枠は空きが少なくなっています。詳細お問合わせください。
平日午前 大人の生徒さんを大募集中☆
☆まずは体験レッスンからどうぞ☆

090-8002-6980
hoshinamimi@gmail.com
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

山口いずみ

Author:山口いずみ
茨城県取手市の出張レッスンのピアノ教室です。
弾くのも聴くのも教えるのも大好き!ピアノ弾けたらいいなの気持ちを大切に、お手伝いします♪
3歳のプレ・ピアノレッスン~保育科、大人の方まで。
生徒さん一人一人に合わせた楽しいレッスンしています^-^

090-8002-6980
hoshinamimi@gmail.com
体験レッスンのご案内

◆新ホームページ◆
ほしなみピアノスクール
◆新ブログ◆
ほしなみ☆ろぐ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。